DTFC Race Series カテゴリー

① リコールチャレンジ 1チーム1頭

  ボックスからスタート合図でスタートし、フィニッシュラインまでのリコールタイムを競います。

  各チーム3ヒートを走り、ベストタイムによって順位を決定。

  ジャンプの数(0~4)を選べ、ジャンプハイトは7~14インチから自由に指定出来ます。

② スタートタイミングレース 1チーム1頭

 

  EJS(電気計測システム)を使用してスタートタイミングを計測し、最も0.00秒スタートに近い犬の勝利です。

  各チーム3ヒートを走り、ベストスタートタイムによって順位を決定。

  各チームに、リリーサーとボックスに向かってリコールするハンドラ―が必要です。

  リコールにはタグ、ボール、トリーツなど相手チームの妨害となるものでなければなんでも使用可能です。

③ 1Jump チャレンジ  1チーム1頭

  EJSによるスタート合図とCoach's Eyeによるタイム計測で、Jumpを1つのみ使用したフルランを行い、勝敗を決めます。

  1レース3ヒート制

  ジャンプハイトは7~14インチから自由に指定出来ます。

  プロップ(ロングボードやミドルボード、ガターなどの補助道具)やヘルパー(ボックス横などで犬の補助をする人)など

  自由に配置可能。ボールをボックス前の地面に置くボール・オン・ザ・グランドでの参加も可能です。

④ 2Jump レース  1チーム1頭

  EJSを使用してJumpを2つのみ使用したフルランタイムを計測し、勝敗を決めます。

  1レース5ヒート制

  ジャンプハイトは7~14インチから自由に指定出来ます。

  プロップ(ロングボードやミドルボード、ガターなどの補助道具)やヘルパー(ボックス横などで犬の補助をする人)など

  自由に配置可能。ボールをボックス前の地面に置くボール・オン・ザ・グランドでの参加も可能です。

 

⑤ 1on1レース  1チーム1頭

  EJSを使用してフルランタイムを計測し、勝敗を決めます。

  1レース5ヒート制

  ジャンプハイトは7~14インチから自由に指定出来ます。

  サポートディビジョンではプロップ(ロングボードやミドルボード、ガターなどの補助道具)やヘルパー(ボックス横などで犬の

 補助をする人)などを自由に配置可能。ボールをボックス前の地面に置くボール・オン・ザ・グランドでの参加も可能です。

⑥ 2on2レース 1チーム2頭

 

  EJSを使用して、2頭1チームのフルランタイムを計測し、勝敗を決めます。

  1レース5ヒート制

  ジャンプハイトは7~14インチから自由に指定出来ます。

  

⑦ 4on4レース 1チーム4頭

 

  EJSを使用して、4頭1チームのフルランタイムを計測し、勝敗を決めます。

  1レース5ヒート制

  ジャンプハイトは7~14インチから自由に指定出来ます。

 

   その他、みんなのレベルアップに合わせてカテゴリーを増やしていきます。

   ご意見、希望などありましたらどんどんお知らせください!

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now